ブラシひとつで解消!細くて絡まる子どもの髪の毛はタングルティーザーで対処

子どもの髪の からまりを 解消する方法のアイキャッチ画像

こんにちは、2児のママで管理栄養士のもちもち(@eiyoumama_0u0)です!

  • 毎朝、絡まった子どもの髪の毛をほどくのに時間がかかる
  • 子どもが痛がらないように出来るだけ髪が絡まないようにしてあげたい

と悩んでいませんか?

もちもち

私の娘は髪の毛が細くて長いので、寝起きの髪は常に鳥の巣のようなこんがらがった状態でした。

絡まりを解消するためにシャンプーを変えたり、あれこれ試したもののいまいち効果がなくて・・

途方に暮れていましたが、タングルティーザーというヘアブラシを使ってお風呂場でケアすることで悩みは無事に解決!

タングルティーザー
タングルティーザー

翌朝の髪の毛の絡まりが激減したんです。

ボサボサになりがちだった娘の頭に天使の輪が出現しました。

もちろん、同じ方法でママの髪の毛もサラサラにできますよ。

もちもち

ブラシは1,500円程度
一度購入したらずっと使えるからコスパは抜群です!

ブラシを変えただけで髪のお手入れがラクになり、貴重な朝の時間を他のことに使えるようになりました

何よりも子どもが痛がらなくなるので親子ともに嬉しいことずくめです。

髪の毛を短くすればケアはラクになるけど、娘のようになかなか切らせてくれないお子さんがいる方はぜひ読み進めてみてください!

さくら

ラプンツェルみたいになりたいの!

この記事は次のような人におすすめ

  • 子どもの髪の毛の絡まりをどうにかしたい!
  • 子どものヘアケアのために時間をかけられない
  • あまり高価なアイテムは試せない
  • タングルティーザーの使い心地を知りたい
目次

タングルティーザーで子どもの髪の毛の絡まりを解消する方法

初めてタングルティーザーを知った!という方のためにブラシの紹介と、効果的な使い方をお伝えします。

タングルティーザーってなに?特殊な形状と素材のブラシ

タングルティーザーは髪に無理な負担をかけることなく、軽い力で髪をときほぐせるイギリス生まれのヘアケアブラシです。

使用の目的に応じて様々な種類があります。

タングルティーザーの種類一覧表
タングルティーザーの商品一覧
(引用元:タングルティーザー公式ページ

その中で、私の家で使っている商品はザ・ウェットディタングラーという、濡れた髪にも使えるタイプのブラシです。

タングルティーザー
ザ・ウェットディタングラー

数あるタングルティーザーの中でこのブラシを使っているのは、時短になるから!

お風呂に入りながら使えるのでわざわざヘアケアのためだけの時間をとらなくても良いんです。

ブラシの先が長短二段になっている構造が特徴的。

タングルティーザーのブラシ部分
長いブラシと短いブラシが混ざっている特徴的な構造

さらに、特殊素材によりブラッシングによる髪の摩擦とダメージを最小限に抑えてサラサラ艶やかな美しい髪へ導いてくれる優れものです。

絡まりやすい細い髪や傷んだ髪、濡れた髪でも引っ張ることなくやさしくブラッシングできます。

さくら

このブラシは痛くなーい!

ザ・ウェットディタングラーは濡れた髪だけではなく、もちろん乾いた髪にも問題なく使えます。

【効果的な使い方】お風呂場で2回ブラッシングすると翌朝絡まりにくい

タングルティーザー(ザ・ウェットディタングラー)を使ったヘアケア方法は本当に簡単!

お風呂に入ったら

  • シャンプー前
  • リンス(トリートメント)のとき

の2回、ブラッシングをするだけです。

髪の毛の絡まりを解消する手順

  1. シャンプー前の乾いた髪をタングルティーザーでブラッシングする
  2. シャンプーする
  3. リンス(トリートメント)を髪につけてからタングルティーザーでブラッシング、なじませる
  4. 洗い流す
もちもち

私の家では①の乾いた髪の毛をブラッシングする工程は、湯船に浸かりながら済ませています

お風呂に入った時点で髪の絡まりがひどい場合は毛先から少しずつ髪の毛をほぐしていくと痛みを抑えられます。

タングルティーザーを使ったヘアケアを続けていると段々と髪の毛が絡まりにくくなるので、髪の毛をほぐす工程も格段にラクになりますよ!

ママ

ところで、どうして2回もブラッシングするの?

2回ブラッシングをするのはそれぞれに別のメリットがあるからです。

ブラッシングの際に髪や頭皮を傷めてしまっては元も子もないので、正しく使ってサラツヤヘアを目指しましょう!

シャンプー前にブラッシングするメリット

  • シャンプーするときの摩擦を軽減できる

    ブラッシングすることで日中の乾燥や汚れで開いてしまったキューティクルを整え、シャンプーの摩擦やダメージを軽減できます。
  • 髪と頭皮の汚れを落としやすくなる

    髪の表面についたホコリや頭皮の皮脂などを浮かせる効果があり、シャンプーの泡立ちもアップするので汚れが落ちやすくなります。

リンス(トリートメント)をつけてからブラッシングするメリット

  • リンス(トリートメント)の効果を最大限引き出せる

    実は、リンス類は手で塗るだけだと髪の毛の一部分にしか行き渡っていません。

    これだとどんなに良いリンス類を使ったとしても効果は半減してしまいます。

    タングルティーザーでブラッシングすると、髪の毛を傷めることなく満遍なくリンス類をなじませられるんです。

【実例写真】娘の髪がボサボサからサラツヤへ劇的変化

お風呂場でタングルティーザーを使った効果は翌朝に現れます。

その変化は一目瞭然!

タングルティーザーを使わなかった翌朝
タングルティーザーを使った翌朝
もちもち

ボサボサの写真は撮影用に特にひどい日に撮った訳じゃなく、何もしないと本当にこんな感じなんです。

髪の毛が絡まらないと、なんと言っても朝がラク!

髪をほぐす作業がいらないから時短になるし、子どもが痛がらないから親子ともに気持ちもラクです。

濡れ髪のブラッシングは髪の毛に悪い?→正しくケアすれば問題ない

ママ

ちょっと待って~!
濡れた状態の髪の毛って傷みやすいんじゃなかった?
ブラッシングして大丈夫?

もちもち

私も以前はそんな風に思っていました。

しかし、タングルティーザーの公式ページにもあるように、髪の毛のダメージを防ぐためには濡れた状態の髪の毛を優しくブラッシングしてキューティクルを整えることが重要だったんです。

濡れた髪が傷みやすい理由


髪の毛の表面を構成する「キューティクル」は、根元から毛先に向かってウロコ状に重なり合うことで、外部の刺激から髪を守り、髪の毛のタンパク質や水分を適切な状態に保っています。


キューティクルはとても繊細で、濡れると開く特性をもっています。

濡れてキューティクルが開くと、髪は乾いている時よりも柔らかくなり、少しの力でも髪が切れたり、キューティクルが傷ついたり、ダメージを受けやすい状態になります。


この状態で、ゴシゴシとタオルドライをしたり、ドライヤーをあてたりすると、必要以上に摩擦と熱によるダメージを受けてしまいます

そこで、ダメージを防ぐためにも、濡れ髪ブラッシングでキューティクルを整えることが重要なのです。

タングルティーザー日本公式ページより

髪が濡れた状態のときにブラシでムリにとかしたりすれば必要以上の摩擦を与えることになるので、当然傷んでしまいます。

そのため髪の毛の絡まりを解消する手順で紹介したように、絡まった髪の毛をほぐす作業は髪が乾いた状態のときに行うようにしましょう。

髪の毛が絡まる原因は「細さ」と「静電気」!タングルティーザーに加えておすすめの対策

子どもの髪の毛が絡まる原因は大きく2つあります。

  • 成長途中にあるので髪が細くて絡まりやすい
  • 寝相が悪い、活発に動き回るなどの理由で髪の毛同士がこすれて静電気が発生しやすい

タングルティーザーを使えば髪の毛の絡まりはかなり改善されますが、試してみて効果があった他の方法もご紹介します。

タングルティーザーとの合わせ技で、もう絡まりも怖くない!

  • パジャマや寝具は天然素材を選ぶ
  • 日中や寝る時に髪の毛を結ぶ
  • ドライヤーでしっかり乾かす
  • 効果の高いトリートメントを使用する

パジャマや寝具は天然素材を選ぶ

パジャマは綿や麻、絹などの天然素材を選ぶと帯電しにくいので静電気を防げます。

さらに、肌にも優しいので子どもにはうってつけの素材と言えます。

子ども用のキャラクターパジャマなどに多い、綿とポリエステルの混合素材は静電気を発生しやすい組み合わせなので購入する時には素材を忘れずにチェックしましょう。

もちもち

枕カバーや布団カバーなどの寝具に化学繊維が入っている場合も静電気が起こりやすくなるので、あわせて確認してみてくださいね!

日中や寝る時に髪の毛を結ぶ

髪の毛を結んでおくと、髪の毛同士がこすれないので絡まりにくくなります。

髪の毛をおろしたままだと遊んでいるうちに髪の毛が動いて簡単に絡まってしまうんです。

同様に、寝るときも髪の毛をゆるく結んでおけば、寝相が悪くても絡まりを予防できます。

このときに、普通のヘアゴムではなくシュシュやスプリングゴムを使うと便利ですよ。

もちもち

寝返りを打っても髪の毛が痛くならず、結んだ跡も残りにくくなります。

寝る前に髪の毛をしっかり乾かす

濡れている状態の髪の毛は傷みやすく、身体が冷える原因にもなるので出来るだけ早く乾かすことが大切です。

ベストな方法はお風呂上がりにドライヤーで乾かすこと。

経験したことのある方も多いと思いますが、髪の毛を乾かさずに寝てしまうと、朝起きた時にグシャグシャに絡まったり、ひどい寝癖が付いてしまいます。

もちもち

ただ、夕飯の準備等で慌ただしい時間なので、わが家では毎回のドライヤーはできていません

娘もなかなか自分ではやらないですし・・

さくら

めんどくさーい

そこで、ドライヤーを使わずにできるだけ早く乾かすには?と考えて、吸水性の良いタオルキャップ(ヘアキャップ)を使用しています。

タオルキャップである程度の水気を吸ったら、あとはキャップを外して自然乾燥。

ドライヤーがベストだけど、毎回は難しいから、せめて「寝る前までに乾いた状態にしておく」ことを目標にしています。

ただ、タングルティーザーを使っていれば、自然乾燥でも「絡まりまくってどうしようもない!」ってことはなくなりました。

効果の高いトリートメントを使用する

今まで使ってきた中でもダントツにおすすめなトリートメントは、フィーノ プレミアムタッチ浸透美容液ヘアマスク。

良いトリートメントを使えば静電気の発生を抑えられるので、より絡まりにくい髪の毛を手に入れられます。

ロングセラー商品なのでご存知の方も多いかもしれませんが、髪の毛が本当にサラサラで滑らかに仕上がります。

すぐにすすいでも十分な効果があるところも良くて、娘が使い始めたのは小学生になってからですが、私はかれこれ10年以上愛用しています。

もちもち

娘の髪の毛のためにシャンプーも色々と試しましたが、正直、コレは良い!!って商品にはまだ出会えていません。

シャンプーは髪や頭皮の汚れを落とすのが第一目的なので、湿疹などができない、身体に優しいものであれば良いと割り切って、トリートメントの方でサラツヤヘアを叶えています。

【まとめ】子どもの髪の絡まりを解消する方法

時間と手間をかけずに子どもの髪の絡まりを解消したいなら、

一番のおすすめは、タングルティーザーを使ったお風呂場でのヘアケア!

シャンプー前とリンス(トリートメント)のときの2回、髪の毛をブラッシングすることで、翌朝の髪の毛の絡まりを防げます。

もちもち

貴重な朝の時間を他のこと使えるのが何より嬉しい

他にも試してみて効果的だったのは、

  • パジャマや寝具の素材は天然素材を選ぶ
  • 日中や寝る時に髪の毛を結ぶ
  • 寝る前に髪の毛をしっかり乾かす
  • 効果の高いトリートメントを使用する

やっぱり、

「時間も手間もかからない」

「ちゃんと効果がある」

もちもち

この2つが揃わないと続かないよね~

今まさに、子どもの髪の毛の絡まりで困っているという方は、ぜひ一度試してみてください!

子どもの髪の からまりを 解消する方法のアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次